映画「神童」
来春公開予定!



神童のコミックを買う

映画「神童」公式サイトへ


クラシック売れ筋商品!
第1位
100曲モーツァルト =10枚10時間3000円=
2,400 円
第2位
Time has come
3,150 円
第3位
NHK クインテット~アラカルト~
2,053 円
第4位
決定盤!!クラシック・スーパー・ベスト101
2,400 円
第5位
ライア&ソネット
3,000 円
第6位
どこかで聴いたクラシック クラシック・ベスト101
2,400 円
第7位
「のだめオーケストラ」LIVE!
3,675 円
第8位
ホルスト:惑星(冥王星付き)
2,799 円
第9位
あなたがそばにいたら~Bist du bei mir~(CCCD)
2,646 円
第10位
ブラームス:4つのバラード、2つのラプソディ、間奏曲集
1,512 円
売れ筋ランキング リンク生成ツール Atools

【ブラームス:交響曲第1番|大学祝典序曲】



ブラームス:交響曲第1番|大学祝典序曲

バーンスタインは80年代にウィーン・フィルとも
ブラームスの交響曲全曲を録音しているが、
こちらではよりエネルギッシュな演奏が聴ける。
充実したオーケストラの響きが印象的。

ブラームス:交響曲第1番|大学祝典序曲の続きを読む
タグ:ブラームス

【ブラームス:交響曲第4番|ハイドンの主題による変奏曲】



ブラームス:交響曲第4番|ハイドンの主題による変奏曲

半端じゃなく熱く激しい演奏だ。特にアレグロではその傾向が強く、
終楽章などは突き裂くような鋭い響きが
生々しい悲劇性さえ感じさせる。
交響曲に作曲家の憂愁の境地を聴きたい人には不向きだが、
他の演奏との差異が大きく、巨匠の強烈な個性が際立つ。

ブラームス:交響曲第4番|ハイドンの主題による変奏曲の続きを読む
タグ:ブラームス

【ブラームス:ピアノ名演集第1集】



ブラームス:ピアノ名演集第1集

ケンプ(1895〜1991)は、ドイツの伝統的な
ピアニズムを伝える貴重なピアニストだった。
このブラームス・アルバムは、彼の円熟期の録音であり、
ブラームスの小品の持つ抒情的な情感や、
内省的な表現を、しみじみとした
味わいをもって聴かせてくれる。

ブラームス:ピアノ名演集第1集の続きを読む

【ブラームス:交響曲第1番&ハイ / ドホナーニ】



ブラームス:交響曲第1番&ハイ / ドホナーニ

これも1,000円シリーズの1枚。この演奏,造形の
一つひとつが大きく,実に確か。
この安定感はブラームスと交響曲というジャンルが
まさに古典であることを教える。
同時にこれは伝統芸能化する危うさも。
それほど表現のかたちが堂に入った演奏。

ブラームス:交響曲第1番&ハイ / ドホナーニの続きを読む

【ブラームス:交響曲第1番 他】



ブラームス:交響曲第1番 他

デッカの50〜70年代の名演が1枚1000円で復活した
《デッカ・ベスト・プラス50》シリーズ。
90歳を越えたストコフスキーが残したブラームスと
ワーグナーの驚異のライヴ録音。

ブラームス:交響曲第1番 他の続きを読む
タグ:ブラームス

【クーベリック/ブラームス:交響曲第1番&第2番】



クーベリック/ブラームス:交響曲第1番&第2番

ロイヤル・オペラの音楽監督在任中に収録された、
VPOとのブラームス全集からの1枚。
VPOに身をゆだねて、彼らが知悉するブラームスを
伸び伸びと指揮している。クーベリックの中期を飾る録音。

クーベリック/ブラームス:交響曲第1番&第2番の続きを読む

【ブラームス:ピアノ協奏曲第1番,他《デッカ・レジェンド・シリーズ》】



ブラームス:ピアノ協奏曲第1番,他《デッカ・レジェンド・シリーズ》

実はカーゾンのピアノの端正な美しさが良く分かるのは、
フランクやリトルフの作品においてである。
ブラームスももちろん悪くないが、
“ピアノ付交響曲”スタイルを超マジで
ホットにやるセルがあまりに凄いので、
ソロがアヘアヘ状態かもしれない。

ブラームス:ピアノ協奏曲第1番,他《デッカ・レジェンド・シリーズ》の続きを読む
タグ:ブラームス

【フィッシャー/ブラームス:ハンガリー舞曲集】



フィッシャー/ブラームス:ハンガリー舞曲集

ハーリ・ヤーノシュのユニークな演奏で話題を呼んだ
フィッシャーによる「ハンガリー舞曲集」。
ツィンバロンやジプシー・ヴァイオリンなどを加えた
雰囲気たっぷりの演奏。

【マゼール/ブラームス:交響曲第4】



マゼール/ブラームス:交響曲第4番

オケの巧さとマゼールの棒の巧さ、
そしてお互いの耳の良さは呆れるほど。
メリハリを強調して機能的に進めるのはいつものマゼールだが、
ここではあまりお得意の“瞬間芸”を披露せず何故か模範的。

マゼール/ブラームス:交響曲第4の続きを読む

【ブラームス大全集】

ブラームス大全集 上巻

ブラームス大全集 下巻


ブラームスの4曲の交響曲は,第1番がベートーヴェンの不滅の9曲に続く
待望の傑作という意味で「第十」と呼ばれたように,
ベートーヴェンのあとを継ぐ名曲ぞろい。
ジュリー二,カラヤン,アバドがベルリン・フィル,ウィーン・フィルを指揮するという豪華さ。
4曲の協奏曲も,内容的な立派さ',質的な高さと深さという点で
古今の協奏曲の最高峰を形成する。
ギレリス,ポリー二,ムターといった新旧の名手が独奏を受け持ち,
これをヨッフム,アバド,カラヤンといった巨匠がサボート。
これに,2曲の美しいセレナード,人気のあるハンガリー舞曲や
大学祝典序曲,悲劇的序曲,ハイドン変奏曲がアバドとジュリー二の指揮で加わる。

ブラームス大全集の続きを読む

【ブラームス大全集 上下2巻セット(ピュア・ゴールドCD50枚組)】

ブラームス大全集 上下2巻セット(ピュア・ゴールドCD50枚組)

ブラームス大全集 上下2巻セット(ピュア・ゴールドCD50枚組)

クラシックの名門グラモフォンの秀抜な音源と
音楽之友社の英知を傾けた編集出版によるデュオ
巧緻で重圧な絨毯を織り上げていくような緊密な構成と深い詩情
ブラームス最高の音楽的空間を、待望のグラモフォンのCD50盤で体感!

ブラームス大全集 上下2巻セット(ピュア・ゴールドCD50枚組)の続きを読む

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。